【2020最新】骨伝導補聴器ってどうなの?

photo by:amazon

骨伝導って聞いたことありますか?

骨伝導とは、声帯などの振動が頭蓋骨から直接聴覚神経につたわるものです。

人が聞いている音は、耳を介して伝わる音だけではなく、骨伝導を通して聞いている「骨導音」というものがあります。

この原理を利用したものが、骨伝導補聴器です。

スポンサーリンク

骨伝導のしくみ

骨伝導仕組み
骨伝導仕組み photo by ゴールデンダンス

空気の振動の音は、耳から入り耳の奥にある鼓膜を震わせます。 鼓膜に伝わった震えはさらに奥の耳小骨を震わせ、やがて蝸牛という渦巻状の器官に届き、脳に伝達されます。

骨伝導は、鼓膜の代わりに骨を震わせて、蝸牛から脳へ伝達されます。

骨伝導が有効な難聴の種類

耳の構造
耳の構造と難聴の種類

音を聴く機能は大きく分けて、鼓膜や耳小骨などの「伝音系(音をとらえる部分)」と、 蝸牛や聴覚神経などの「感音系(音を脳に伝える部分)」の二つがあります。 骨伝導はこのうちの伝音系の異常である「伝音難聴」に効果を発揮します。 難聴の度合いや個人の症状にもよりますが、軽度〜中度の伝音難聴であれば、 骨伝導によって音を聴けるケースが多く報告されています。

つまり骨伝導は、外耳や中耳を介さずに直接内耳に音を届けることができます。そのため、外耳や中耳に障害が起こっていても、障害が起こっている箇所を飛び越えて音を届けることができるのです。
音を感じ取る内耳自体に障害が起こってしまう「感音性難聴」にはあまり有効ではありませんが、外耳や中耳が原因である伝音性難聴の場合には、骨伝導補聴器を使うことで改善が見込めます。

どちらの難聴か簡単に見分ける方法は、

静かな場所で大声で話しかけて理解できるようだと伝音難聴」の割合が大きいと言えます。

「感音性難聴 」 の場合は大声を出しても聞こえません。加齢により耳が遠くなる方は、感音系も少し衰えた「混合難聴」が多いと言われています。その場合でも、感音系が重度の障害でなければ骨伝導は有効です。

骨伝導の安全性

骨伝導補聴器の使用イメージ

骨伝導は頭がい骨を振動させるので、脳に悪影響がある?いえいえそんなことは決してありません。骨伝導に使われる「骨を震わせる音(骨導音といいます)」 は特別なものではなく、普段の生活の中で常に接している音だからです。

また、自然界で骨伝導を利用している動物にイルカやクジラがあります。 彼らはアゴ付近にある骨で水の振動をキャッチし、それを音として聴いています。

骨伝導の振動が健康を害するということはありません。 振動で言うならば、骨伝導製品の発する振動より、 自分で大声を出したときの方が振動が大きいほどです。

骨伝導製品が発する電磁波について、 他の電気製品と同じように電磁波は発生していますが、ごく微弱なもの。 自然界に存在する電磁波と同レベルの強さです。

このように、日常的に自然界で使われているので特に新しい方法ではないんです。

骨伝導補聴器のメリット・デメリット

骨伝導補聴器のメリット

  • 耳をふさがないため音の反響や閉塞感がなく聞きやすい
  • 外部の雑音や騒音に影響されにくい
  • 耳の穴が痛くならない
  • 小型補聴器に比べ安価

補聴器というと、イヤホンジャック式の補聴器をイメージしてしまいますが、こちらは小型になればなるほど非常に高価で、両耳用で40万円以上になります。しかも、音を拡大する性質上ハウラー音を発生することもあり馴染みにくい人も多いようですし、処分に困っている方もいるようです。

骨伝導補聴器のデメリット

  • 耳穴式補聴器 に比べ大きくなり目立つ
  • 耳穴式補聴器 比べ音質が落ちる
  • 感音性難聴には効果がない

 

耳穴式補聴器

 

最近の耳穴式補聴器はデジタル式が増えさらに小型化して音質も向上しています。自分の耳の形状に合わせたオーダーメイドも可能。

骨伝導補聴器の1番のデメリットは見た目です。耳穴式補聴器は髪の毛などで覆うと完全に隠せてしまいます。

骨伝導補聴器は、どうしても頭につけているのが見えてしまいます。

ただ、違和感がないようにメガネ型、カチューシャ型もございます。

補聴器価格が違うわけ 店舗vsネット

視力が落ちたら視力を補正するためにメガネが必要です。同様に聴力が衰えてくると必要になるのが補聴器です。

先日、知り合いが耳鼻科に紹介された店舗に補聴器を購入しに行くと片耳10万~20万円の耳穴式補聴器を提案されて、「なんでそんなに高いんだ!」と驚いていました。

メガネに比べると10倍~20倍の価格です。もちろん精密機械なのはわかりますが。。。

なぜこんなに高いのでしょうか。

補聴器普及率

ひとつは普及率です。

メガネ市場は補聴器市場に比べ26倍の規模です。

市場が小さいため、参入メーカーも少なく価格競争が発生しにくいのです。

店舗の補聴器価格(本体+技術料)

メガネも10年以上前は眼科に行って、処方箋をもらい指定メガネ店に行って高価なメガネを購入するのが一般的でした。今では、特殊な症状ではない限りJINSやZOFFなどの格安メガネで視力補正する方が増えています。デザイン性も優れていますし。

補聴器の場合は、格安補聴器店がまだ存在してません。

補聴器販売店舗では、購入した補聴器を個人の聴力や聞こえづらい周波数帯に合わせ調整してくれます。

それが「調整などの技術料」になります。

ネット販売の補聴器は技術料がない

ネット販売の補聴器は既製品で、耳栓をオーダーメイドしたり、音質の調整をしたりする事ができません。一般的な日本人の難聴に調整されたものが出荷されるのです。

そのためかなり安い商品があります。

しかし、自分用に調整したものではないので、完璧にマッチした補聴器ではなく今よりも聞き取りやすくなるなら試してみようというスタンスがおすすめです。

なにしろ、価格が10分の1~20分の1ですから。。。

最新の骨伝導補聴器

メガネ式骨伝導補聴器

骨伝導メガネ
骨伝導メガネ

骨伝導メガネは、音をさまざまな周波数に変換する機械的振動です。音波の伝播の多くのステップは省略されます。音波は空気中で拡散するため、他の人には影響しません。 音が直接聴神経の骨に伝わるので、外耳道や鼓膜に損傷を与えることはありません。 最新設計により、音漏れを87%削減しました。

詳しくはこちら⇒HORIZON Alien 5 進化版 骨伝導メガネ価格: ¥10,888 Amazon

ヘアバンド型骨伝導補聴器

ヘアバンド型
装着例

頭に掛けるので強く圧迫されることなく、快適に使えます。ヘアバンド型のデジタル骨伝導型補聴器であれば、音の来る方向がわかりやすく、安全性が高いとされています。子ども向け製品が主流です。

価格:スタンダード ¥220.000~280.000

有線型骨伝導補聴器

有線型骨伝導補聴器
使用例

一般的な骨伝導補聴器です。最近では軽量化、音漏れ防止が進みより使いやすくなりました。なにより価格が安いのが魅力です。

詳しくはこちら⇒骨伝導 イヤホン ヘッドホン BN-802 価格: ¥13,820 Amazon

埋め込み式骨伝導補聴器

インプラント
人工内耳

最近登場した技術で、耳の後ろを切開し埋め込む補聴器があります。

コクレア社(オーストラリア)が開発したBaHaは人工内耳システムで、歯のインプラントと同様、骨と接合する手術によって装着するタイプです。

本体価格の他に手術料金も発生します。

医療従事者しか購入できないので本体価格はわかりません。

まとめ

骨伝導のしくみ、有効な難聴の種類、安全性、メリット・デメリット、店舗とネットの価格のちがい、最新の商品をお届けしました。

骨伝導補聴器のなかには、集音器に近いものから外科手術による埋込式まで多岐にわたります。

初めての方は、メガネ式か有線式のものをネット販売で試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました