『テレビのHDRってなんのこと?』に答えるAV家電プロスタッフ

スポンサーリンク
HDRロゴ
HDRロゴ

こちらを見たことがありますか。量販店などにいくと4Kテレビに表示されています。

一般に、人間の目が知覚できる明るさの範囲(ダイナミックレンジ)は1012と言われていますが、従来のテレビはSDR(スタンダードダイナミックレンジ)で103までの範囲しか表示できませんでした。

しかし、HDR(ハイダイナミックレンジ)によってダイナミックレンジを広げることで、105、つまりHDRは従来の100倍もの明るさを捉えることが可能になり、肉眼で見る景色に近い陰影を映し出せるようになったのです。

要するにダイナミックレンジが低いと、暗い部分を明るくするともとから明るかった部分が白く飛んじゃう感じです。HDRはダイナミックレンジが高いのでいい感じの画になります。下記参照

SDR
SDRの画
SDR 補正すると白飛び
SDR 補正すると白とび
HDR
HDR by eizo
スポンサーリンク

4Kテレビには全てHDRが付いているの?

2020年現在、主要テレビメーカー(ソニー、東芝、パナ、シャープ、LG)販売の新商品の4Kテレビには、全てHDRが搭載されています。

テレビ仕様 by sony

メーカーの商品仕様に上記のようにHDR信号対応の欄にあります。ただ、「4KHDR」の他に「HDR10」「HLG」「DOLBY VISION」とあり、左側2列の上位機種のほうに 「DOLBY VISION」 がついています。

HDRって1つじゃない?

どうゆうことなのでしょう。

HDRにも種類がある

テレビのHDRには規格により名称が違います。

DOLBY VISION

ドルビービジョン ロゴ
DOLBY VISION ロゴ

「DOLBY VISION」 とは、映画やBD/DVDの音響技術で知られる、あのドルビーが手掛ける独自のHDRの上位規格 です。

テレビのHDRの先駆でプロ用に開発したものを、家庭用に応用したもの。フレームごとにメタデータを持たせてシーンごとに輝度を動的に設定することが可能で、 映像制作時のクォリティを忠実に再現できる規格です。

しかし、ライセンス料が高額なため高級機種にしか実装できません。明暗差を12ビットデータ・4096階調で表現できます。

NETFLIXの4Kタイトル、Ultra HD Blu-rayタイトルの一部(DOLBY VISION表記)で採用されています。 Ultra HD Blu-rayタイトルの再生にはUltra HD Blu-ray機種がDOLBY VISION規格が搭載されている必要があります。

HDR10

エイチディーアールテンプラス
HDR10+ ロゴ

「HDR10」は、2015年に全米民生技術協会(Consumer Technology Association・CTA)によって策定されました。

明暗差を10ビットデータ・1024階調で表現でき、Ultra HD Blu-ray(UHD BD/4Kブルーレイ)で採用されています。

その後、20世紀フォックス、パナソニック、サムスンらが共同で「HDR10+」を開発。

「HDR10」は、1つの動画全体に一定の数値で最大輝度を指定するのに対し、「HDR10+」は、フレーム毎やシーン毎の映像の輝度・彩度・コントラストに応じた最適な輝度指定を行なうことで4Kテレビの画像表示を最適化します。

「DOLBY VISION」と違いロイヤリティフリーなので、数多くの映像制作会社、テレビメーカーが採用しています。

HLG

「HLG」(ハイブリッド・ログ・ガンマ)はNHKと英BBCが共同で開発した放送向けの技術規格。

画像の明るさの特性を表すγ値のカーブを設定する際に、暗部から中間部までは従来の標準画質(SDR)に合わせ、中間部から明部にかけて輝度の情報量を増加させることにより、HLG対応のHDRテレビに入力すれば、明部の情報量が豊富になり、より克明に表現できます。HLG非対応のテレビでも互換性が保たれる規格となってます。

スカパー、衛星放送・110度CS左旋放送の4K放送で採用されています。

カメラのHDRとテレビのHDRの違い

最近のスマホやデジカメにもHDRが付いていますが、テレビのHDRと役割が違うんです。

デジカメ撮影のHDRは、自然界の明暗差を“圧縮”して記録します。

例えば、逆光で人物の顔が暗くつぶれ気味に写ったり、晴天時に風景写真を撮ると雲が白飛びして立体感を失うことがあります。

そこで開発されたのが、デジカメのHDR撮影機能で、露出の異なる写真を2枚以上撮影し、きちんと撮影できている部分を使って1枚の写真に合成しています。

正確には「HDR合成」と呼んでいます。

対して、テレビのHDRは、自然界の明暗差をなるべくそのまま表示するために、テレビの最大輝度と明暗差をアップするのが目的で、デジカメのHDRとは役割が違います。

まとめ

HDRの他の解説サイトでは、nitや PQカーブなど難しい専門用語がたくさん出てくるので、プロや技術者以外の方でもわかりやすいように解説しました。

メーカーも大体、有機ELモデルやフラッグシップモデルに「 DOLBY VISION 」「HDR10」「HLG」 、他の4Kテレビに「HDR10」「HLG」搭載となっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました